思いついたらおうちの近くから。さあ出かけよう。四国の酒蔵88箇所巡礼の旅


大きい画面で見る










第七十三番酒蔵札所 「御代栄 成龍酒造」
住所: 愛媛県西条市周布1301-1
TEL: 0898-68-7041
営業時間: 月曜〜日曜9時〜17時受付。要事前連絡。

[自分は酒造人形ではない]

 『成龍酒造』の在るこの辺りは「周布(しゅう)」と呼ばれ、春夏は温暖で少雨、反対に冬は寒くて雪も降る。また、小松に四国コカコーラ工場、西条にアサヒビール工場と、大規模な飲料工場が集まっている地域。それだけ水が良質であるということであろう。

 蔵元の当主・首藤家は、元々が庄屋の米を預かる倉庫業を営んでいた。それだけ地域で信用があったということであろう。明治10年に酒造業を始めて次期当主の首藤さん(28歳)で7代目となる。
 
 この若い当主候補の首藤さんも、ご他聞に漏れず、誰に言われるまでもなく自然と「跡取りのプレッシャー」を感じて育ったということである。ところが、大学は敢えて東京農大を選ばずに山口大の経済学部に進学、就職も酒造メーカーではなく東京の大手流通問屋に決めた。今でこそ、「我ながら往生際は悪い方です。」と笑っているが、定められたレールの上を走ることに疑問を抱いたようである。丁度この頃、小学校から剣道一筋の剣士だったのが、スノーボーダーへと転身。このままその辺の若者と同化してしまうところを、お父上の強烈な説得で「目を覚まし」、平成18年に家業の『成龍酒造』を継ぐべく実家に戻った。
 と、此処まで伺って、待てよ・・・この話、どっかで聞いたことないか? そう、星飛雄馬がオアームストロング・オズマに「野球人形」と詰られ、野球の道から外れてオーロラ3人娘とゴーゴーを踊っていたときと一緒である。(笑)
 
 しかし、この逡巡していた東京生活で一生の伴侶を得たことは大きな収穫。よって今は新婚さん。自分で自分のことを「一途な男です。」と恥じらいもなく平気で言う。(笑) 現在はスノーボード熱も醒めたようで、これと言った趣味は無く、「敢えて言うなら嫁さんにハマッてます。」と、これまた恥じらいもなく平気で言う。(再笑) 反骨精神を秘めながらも、飾り気のない素直な言葉がサラリと出てくる爽やかな7代目候補である。それだけに「これからは酒文化を重視して、地域の皆さんと共に酒文化を広めるべく情報発信をしていきたいと思います。」と喋る言葉は、聞く側も素直に受け止められる。・・・あっと、隣の部屋に奥さんが待機しているようだね。(笑)

クリックすると拡大します
「高縄山系の裾野の周布の遠景 」
高縄山系の裾野の周布の遠景 

クリックすると拡大します
「蔵正面」
蔵正面

クリックすると拡大します
「訪問客にお茶をご接待する蔵の玄関の間」
訪問客にお茶をご接待する蔵の玄関の間

クリックすると拡大します
「7代目候補首藤さん 弱冠28歳 この障子の後ろに奥様がいらした(笑)」
7代目候補首藤さん 弱冠28歳 この障子の後ろに奥様がいらした(笑)
酒蔵さんから
記事はありません
近くの穴場情報
駝鳥倶楽部
2008.02.23

 『成龍酒造』の首藤さんによると、このへんのへんなものといえば、まずは、『駝鳥倶楽部』だと言う。もちろん芸人の名前ではなく、ただ単に国道沿いにダチョウがいるのだと言う。それはいいけど、いったいなんのために?

 今治から小松へ向かう国道196号線の壬生川駅付近を南に向いて車を走らせていると、おもむろに「それ」は在る。いきなり田んぼの真ん中に柵があり、中にダチョウが6匹、こちらを向いている。いったい、なんだろうと思って車を止めると、『駝鳥倶楽部』とかかれた立て看板とダチョウについての図解説明。すみの吊り看板には手書きで「OK牧場」とまでかかれている。あ、あやしい。(笑)

 なんでこんなところでダチョウを飼っているのかをうかがい知るような掲示は何もない。ただ国道沿いにダチョウがいるだけ。確かに変だ。そう言えばさっきのコンビニで「このへんにダチョウはいますか?」と聞くと、なんのためらいもなく「ここから南に3キロ走って・・・。」と教えてくれた。どうもこのあたりの人たちからすると、「見慣れた風景」となっているようだ。
どうやら近所の人が趣味で飼っているのだろうか?
でも、なんだ? 「OK牧場」って。(笑)
クリックすると拡大します
「国道を走っているといきなりある。」
「国道を走っているといきなりある。」 クリックすると拡大します
「ものおじしないダチョウ」
「ものおじしないダチョウ」 クリックすると拡大します
「なんだ、これは?」
「なんだ、これは?」
2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
←2017年5月 2017年7月→



駝鳥倶楽部 2008.02.23
おすすめ
記事はありません
投稿
ニックネーム
メアド (表示されません)
タイトル
本文
写真は1枚、10Mまで投稿可能。管理者が認定すれば、下記に投稿されます。