思いついたらおうちの近くから。さあ出かけよう。四国の酒蔵88箇所巡礼の旅


大きい画面で見る










第二十番酒蔵札所 「津乃峰酒造」
住所: 徳島県阿南市長生町諏訪ノ端11
TEL: 0884-22-0606
営業時間: 月曜〜金曜8時〜16時30分受付。土・日・祝日休。蔵見学は事前に要連絡。

[アマゾン]

 阿南市街より幾分山側に入った田園地帯に蔵を構えている『津乃峰酒造』。ここは、徳島県第二の川である那賀川水系の桑野川沿いににあります。那賀川は剣山に端を発し、蛇行に蛇行を重ねながら、途中那賀町や鷲敷町で支流を束ね、和歌山県沖の太平洋に注ぎ込みます。吉野川が平野をまっすぐに流れる「ナイル河」なら、さしずめこちらは鬱そうとした森を抜ける「アマゾン河」。先の四国大渇水の折には、行政団体である那賀川渇水対策委員会はやるに事欠いてなんと対策事業として「雨乞い」をしてしまったといいう(笑)まさに「アマゾン」。(しかもそれで降ったそうです。)

 蔵の名前になっている津乃峰は、標高300m足らずの山でありながら、海に面しているので眺望がよく、山頂には阿波蜂須賀家の守護神である『津乃峰神社』が鎮座する。山頂近くまでスカイラインが通じ、更にその上にはリフトもある。『津乃峰』はここのお神酒でもある。

 社長自身はあまり多くを語る方ではないが、阿南の地元の人に飲んでもらえればそれで本望という信念のもと、酒造りをしている。それだけに、この地域の酒屋さんの看板はすべからく『津乃峰』のマーク入りである。



クリックすると拡大します
「蔵近くの桑野川」
蔵近くの桑野川

クリックすると拡大します
「赤塔社長」
赤塔社長

クリックすると拡大します
「津乃峰神社のお神酒」
津乃峰神社のお神酒
酒蔵さんから
徳島の酒蔵へ行って生原酒を手に入れよう!
2011.08.17

今月から「生原酒」を発売します。
詳しくは酒神会ブログ
http://ameblo.jp/sake88/
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
←2017年6月 2017年8月→



近くの穴場情報
阿南のサグラダファミリア
2008.03.02

 阿南の人はみんな知っているが、阿南以外の人は誰も知らない・・・と言うよりも、まずは気がつかないであろう秘密の花園。幻の喫茶店『大菩薩峠』。

 阿南市の中心部を抜け、更に橘湾を越えて南進する。国道55号線も阿波福井に近づいた辺りに、「それ」がある。看板とかノボリとかは一切ない。失礼ではあるが初めての人にはどう見ても廃屋にしか見えない。むしろ目印は手前に立つ「安全運転車間距離」の立て看板。これでは流しのお客さんは100%立ち寄ることはあるまい。秘密クラブのような営業状態である。(涙)

 駐車場というか店の前の空地に車を停めて、建物を伺うと「営業中」という立て札が目立たぬように立ててある。レンガ造りの、如何にも・・・といったらせん階段を上ると、ひと周りで鉄製の門扉に「1971」と彫られた入り口に着く。どうやらオープンは約40年前であるらしい。扉から店内に入らずに更に進むと中庭に出る。そこには、およそ建設中という言葉からは懸け離れた、野晒しにされたままの半壊の建物が建ち並び、その周りに資材らしきコンクリートや石が乱雑に散らかっている。

 「阿南のサグラダ・ファミリア」の異名どおり、ここはオーナーが開店してから自らの手で増築を重ね、40年を経た今でも完成しない喫茶店である。店内は撮影禁止であるが、どうやら中世のスペインのお城をイメージしているようである。構造も店内の造作も凝りに凝っていて、お手洗いなどは「トイレ」と書かれた扉を開けてから便器に辿り着くまで、まるでショッカーのアジトを探検しているみたいな体験ができる。(笑)

 ただ、メニューも接客も、喫茶店としては至極まともに営業している。カレー(サラダ付き)550円も結構美味しかった。雰囲気は異様ではあるが悪くはないし、なんできちんと看板をつけて営業しないのかが、まず以って不明。ホールの店長らしき女性に声を掛けると、やや引き気味に答えてくれたが、その態度からは「こんな怪しい喫茶店のオーナーじゃなくて、ただの従業員ですから!」という困惑がアリアリと見て取れた(笑)。よく分からないが、オーナーは農業に従事している方らしい。増築に関しては、「オーナーの気が向いたとき」に作業をしているらしいが、最近はあまり見かけないとのこと。う〜ん、謎は益々深まるし、なかなかイケテルねぇ。次来るときは、ぜひともみんなで仮面ライダーのコスプレして押し入りたい!(笑)

クリックすると拡大します
「看板類は一切ない。位置を確認しておかないと、まず分からない。」
「看板類は一切ない。位置を確認しておかないと、まず分からない。」 クリックすると拡大します
「近づいて、やっと確認できる入り口」
「近づいて、やっと確認できる入り口」 クリックすると拡大します
「裏手はまだ工事(製作)中 なぜか郵便ポスト(手前左)も。どこから持ってきたのか?」
「裏手はまだ工事(製作)中 なぜか郵便ポスト(手前左)も。どこから持ってきたのか?」 クリックすると拡大します
「放置された材料」
「放置された材料」 クリックすると拡大します
「これはファサードの一部でしかない。手前の観光バスは隣のガススタンドで給油しているだけで無関係(笑)。」
「これはファサードの一部でしかない。手前の観光バスは隣のガススタンドで給油しているだけで無関係(笑)。」
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
←2017年6月 2017年8月→



おすすめ
記事はありません
投稿
ニックネーム
メアド (表示されません)
タイトル
本文
写真は1枚、10Mまで投稿可能。管理者が認定すれば、下記に投稿されます。
記事はありません