思いついたらおうちの近くから。さあ出かけよう。四国の酒蔵88箇所巡礼の旅


大きい画面で見る










第二十八番酒蔵札所 「豊の梅 高木酒造」
住所: 高知県香南市赤岡町443
TEL: 0887-55-1800
営業時間: 平日8時〜17時受付。土・日曜は人がいる場合は可能。

[進化する酒造り]

 「絵金(絵師・金蔵、略して絵金)の町」として売り出し中の赤岡町は、もともと漁師町であり、昔から「どろめ祭」で全国的に有名である。「どろめ」とはウルメイワシの稚魚のことで、60年目を迎える「どろめ祭り」はこの「どろめ」を肴に毎春行われる大食いならぬ大酒呑み大会のことである。

 『高木酒造』は、この祭りを仕掛けバックアップをしてきた酒蔵である。ちなみにこの祭りがどれくらい壮絶かというと、毎回優勝者は一升酒(男性の場合、女性は5合)をだいたい15秒前後で飲み干す。成人であれば参加資格は特にない(事前の健康診断はあり)ので、我こそはと思う方は零さずに早く呑むよう練習した上で申し込んでください。ただし病院が近くにない場所でたった一人で練習するのはやめて。急性アル中で死ぬかも知れんで。(笑)
 
 社長である高木さんは52歳、大酒飲み大会とは全くイメージの異なるスポーツマン。高木社長率いる「チーム豊の梅」なるテニスチームは地域でもダントツ一番とか。但し、現在は恥ずかしながら運動会のリレーで転倒して脱臼し、「もう若くないので再起不能だ」と周囲から言われながらも復活を目指してリハビリ中。
 また、高木社長は、「絵金祭り」等地元の「町並み(に息づく)文化」の活性化に精力を傾けながら、土佐の食文化の為にと自らの手で酒も造る情熱家。「どろめ祭り」でイメージされる「大量に一気に呑む酒」造りだけでなく、「少量をじっくり味わう酒」造りへと転換を図ったのも、この社長が就任してから。その酒は「赤岡町の海」をイメージしています。酒造りのスタイルも、その時代に合わせて世代交代と共に常に進化していきます。
 

クリックすると拡大します
「真っ青な赤岡町の海」
真っ青な赤岡町の海

クリックすると拡大します
「蔵正面」
蔵正面

クリックすると拡大します
「スポーツマンで元イケメンの高木社長」
スポーツマンで元イケメンの高木社長

クリックすると拡大します
「どろめ祭り」
どろめ祭り

クリックすると拡大します
「壮絶! 「大酒のみ大会」  この年の記録は1.8リットルを僅か15秒」
壮絶! 「大酒のみ大会」  この年の記録は1.8リットルを僅か15秒
酒蔵さんから
遂に解禁、針木新高梨 「まるはりヌーボー」
2011.10.30

【まるはりヌーボー誕生!!】

「まるはりヌーボー」は収穫されたばかりの「まるはりブランド・針木産新高梨」果汁をふんだんに使用し土佐地酒で仕上げた清酒リキュールです。
梨果汁を約50%使用しており、新高梨の香りと甘味を楽しめる味わいになっています。
針木梨組合の熱意を受け、弊社の独自のノウハウを駆使し誕生した、日本初となる新高梨単独のお酒です。

【まるはりヌーボーの特徴】


・梨農家が主役のお酒(針木梨組合公認酒)

・ 「今年も新高梨採れました」を祝う、新高梨収穫祭のお酒

・新高梨収穫祭の日に発売解禁(2011年は10月29日予定)

・数量限定販売 (約6000本)

高木酒造 株式会社


2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
←2017年5月 2017年7月→



近くの穴場情報
スーパーとさをの「ちりめんおこげ」
2007.11.26

 事務所で高木社長と「赤岡だけの名物、何かないですか?」「う〜ん」とやりとりしていたときに、「それならこれがぴったり!」と奥様が推薦なさったのが、『高木酒造』のはす向かいにあるお店『スーパーとさを』の「ちりめんおこげ」。即座にツッカケ履きで呼びに走って下さった奥様が連れて来たのは、開発者兼料理人のご店主野村さん。いきなりの乱入でした。
 売り出し中の新定食(というよりも食べ方)・「ちりめんおこげ」はスーパーの片隅のカウンターで食べさせる。簡単にいうと、油でこんがり揚げたおにぎりに赤岡特産のちりめんじゃこ(どろめを釜揚げしたもの)を載せ、更にその釜揚げのゆで汁をかけ、これをお茶漬けのように食べるというもの。酒のつまみにもなるとのこと。色々なメディアにも取り上げられている(取り上げさせた?)ようで、赤岡の人たちの間ではご店主の「濃いキャラクター」とも相俟ってとっても有名。

 難点は店主が余裕がある時にしか作れない、「お客の都合は全く関係無い」幻の定食であるということ。私も高知取材の折に2回ほどトライさせて頂きましたが、「ごめん!今、忙しくて・・・」と、2回とも食べられませんでした(笑)。よってどんな味かは分からない。とりあえず高木社長が食べた時に撮った写真を送って頂いたので掲載しておきます。だれか『スーパーとさを』が暇な時に挑戦してきてくれ〜ぃ。
クリックすると拡大します
「カウンター・・・ってスーパーの中なんすけど」
「カウンター・・・ってスーパーの中なんすけど」 クリックすると拡大します
「スーパーとさお 赤岡の国道沿いにある」
「スーパーとさお 赤岡の国道沿いにある」 クリックすると拡大します
「これがその ちりめんおこげ」
「これがその ちりめんおこげ」
2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
←2017年5月 2017年7月→



おすすめ
記事はありません
投稿
ニックネーム
メアド (表示されません)
タイトル
本文
写真は1枚、10Mまで投稿可能。管理者が認定すれば、下記に投稿されます。
記事はありません