思いついたらおうちの近くから。さあ出かけよう。四国の酒蔵88箇所巡礼の旅


大きい画面で見る










第十三番酒蔵札所 「芳水酒造」
住所: 徳島県三好市井川町辻231-2
TEL: 0883-78-2014
営業時間: 月曜〜土曜の8時〜17時受付。日曜・祝日休。蔵見学は事前に要連絡。

[若者たち]

 吉野川を見下ろす標高1200mの腕山の登山口に佇む『芳水酒造』。冬には、雪山から赤ん坊を抱えた野生の母猿が、蔵の酒造りの匂い魅かれて裏の林まで食べ物を探しに降りてくるという場所。水源はもちろん吉野川の伏流水。この道何十年の蔵人が黙々と酒造りをするイメージか・・・。ところがどっこい、蔵人さんは若手中心。但し、若手といっても20年以上のキャリアで、しかもこの町で生まれてこの町で育った人達ばかり。力を合わせてより良い酒を造り出すことに精魂込めている。
 リーダー格の竹内さんは、近所での川釣りと木工芸が生涯の趣味。副将の川人さんはPCアキバ系、最年少の安宅(あたげ)さんはオフの日はフットサル三昧、長老の篠原さんは飲むことを心から愛す・・・と、個性豊かなメンバーがチームとして酒造りに励む。4人に共通するのは「酒造りが好きなこと」。こんな田舎の町にも、次世代を担う新しい蔵人の息吹を感じることができました。4人和気あいあいで「いい酒」造りまっせ〜。

ホームページ
http://www.housui.com/

クリックすると拡大します
「阿讃山脈を望む芳水の蔵」
阿讃山脈を望む芳水の蔵

クリックすると拡大します
「アーケードのある蔵」
アーケードのある蔵

クリックすると拡大します
「蔵人4人衆」
蔵人4人衆
酒蔵さんから
記事はありません
近くの穴場情報
X(エックス)パークのZORB(ゾーブ)
2007.11.01

 毎度のように、『芳水酒造』の蔵人4人衆に「井川町にだけにしかない面白いネタはないでしょうか?」と訊いてみました。4人がゴソゴソと話し合った結果出てきたネタが2つ。
 
 国道の横断歩道で、頼まれもしないのに横断中の旗を振っている通称『ハタフリおじさん』と、『エックスパークのゾーブ』。私的には『ハタフリおじさん』に至極興味をそそられたのですが、月の輪熊と同じくいつなんどき出没するのかわからないということと、普通の人には非常に声をかけにくい格好と雰囲気であらせられるらしい(笑)とのことなので、今回はもう片方の『エックスパークのゾーブ』を取材に行きました。  
 
 「説明するより、とにかく挑戦してんまい。」と教えてくれた地図のとおりに進むと、いきなり道端にいかにも怪しそうな色使いとサイケデリックな紋様とで『ZORB』の案内板。これを辿って蔵から車で5分ほど行くと、井川町の運動公園らしきところに到着しました。『エックスパーク』というのはここのことかな?なにが「X」なのかはさっぱり分からんが。
 どうやら『ゾーブ』とは、この公園内にある施設のことらしい。大層なものらしく、平日でお客がいないにも拘わらず受付には若い人が3人も詰めていました。訊けばなにやら「大きな球体の中に入って坂を転げ落ちる日本に何台しかない特殊な遊戯具」ということ(1回700円)。結構な運動になるらしくネクタイ姿の私の格好を見て、「着替えた方が・・・」とアドバイスされました。実物を見ると、これは、そう!まさしくあれ!布団にくるまって神社の石段を転げ降りる「柔道一直線の地獄車の特訓」と同じもの(分かるか?若者)。 

 あれは3年前、長島温泉スパランドというところで、業界の煮詰まった会議の休み時間に気分転換にたった一人(平日の夕方で遊園地に一人だけ)でジェットコースターに乗って横Gに耐えきれずアバラ骨を骨折した経験を持つ私。やっぱりまた今度にするわ、ごめんの〜。いかがわしそうな場所と名前から膨らむ期待に違わず、『ZORB』に挑みかかっていくのにはそれ相応の心構えと用意(着替え)とが必要でした。
 やっぱり次は『ハタフリおじさん』に挑戦だぁ!


クリックすると拡大します
「幻の『ハタフリおじさん』をとらえた貴重な写真。助役Mの撮影。」
「幻の『ハタフリおじさん』をとらえた貴重な写真。助役Mの撮影。」 クリックすると拡大します
「何の解説もない怪しい案内板」
「何の解説もない怪しい案内板」 クリックすると拡大します
「Xパークの正面」
「Xパークの正面」 クリックすると拡大します
「ZORB」
「ZORB」
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
←2017年3月 2017年5月→



おすすめ
記事はありません
投稿
ニックネーム
メアド (表示されません)
タイトル
本文
写真は1枚、10Mまで投稿可能。管理者が認定すれば、下記に投稿されます。
記事はありません