思いついたらおうちの近くから。さあ出かけよう。四国の酒蔵88箇所巡礼の旅


大きい画面で見る










第八十八番酒蔵札所 「香川県酒造組合」
住所: 香川県高松市古新町4-2
TEL: 087-821-3669
営業時間: 月曜〜金曜9時〜16時30分受付。土・日・祝日と、12月29日〜1月3日休。*お酒の提供は致しません。

[最後の奉公]

 『香川県酒造組合』は、日本酒造組合中央会四国支部も兼ねる。簡単に言えば、四国全体の酒蔵の調整機関である。ただほとんどの実質業務は各県の組合が担っている。
 他県の酒造組合同様、香川県の酒造メーカーを陰に日向にサポートしていくのがその役割である。蔵が七つしか残っていない香川としての当面の目標は、昨年に発表した香川県オリジナルの酒米「さぬきよいまい」を起爆剤に、地酒の消費拡大を図ることにある。

 山西専務理事は高知県の出身。税務署OBであり、松山税務署長を最後に退官された後、今の職務に転じて2年目の63歳。現役の時より酒関係一筋でやってこられた大ベテランである。最後の最後に業界に恩返し出来ればと、日夜仕事に励む。
 事務の宮井さんは元主婦。ふとしたことで山西専務に口説かれて(?)、
ここに入って1年目。元来大の日本酒党だったので、無理なく仕事が出来る上、職務柄酒を飲む機会も増え、ますますおいしい日本酒ライフを楽しんでいるということ。パソコン操作はバリバリで、期待通り専務を助ける。

 お二人共、趣味は温泉旅行。ただ宮井さんがいつもご主人さんと仲良く出かけられるのに対し、山西専務の方はたいがい奥さんにほっとかれて留守番の方が多い。「どなんなっとんじゃい」と私に言われても・・・。

ホームページ
http://sanuki-sake.com/

クリックすると拡大します
「正面玄関」
正面玄関

クリックすると拡大します
「他県に比べて蔵が少ない」
他県に比べて蔵が少ない

クリックすると拡大します
「山西専務(左)と宮井さん」
山西専務(左)と宮井さん
酒蔵さんから
記事はありません
近くの穴場情報
四国の地酒の総本山  高松国税局・・・の喫煙ベンチ
2008.11.01

 最後の88番目の札所を、四国の地酒の監督官庁である『高松国税局』にお願いしようと思いましたが、「こら、何をおもしろいことぬかしよんや。」と、さすがにOKが出ませんでした。しかも庁舎内は写真撮影厳禁ということでしたので、そんなら・・・と、南口玄関横の『喫煙ベンチ』をご紹介します。(笑)

 御存じのように、酒と並んで煙草は日本国の間接税収の中で重要な位置を占める課税品ですが、そのお膝元であるはずの『高松国税局』が、なんと館内全面禁煙。数年前までは各階に喫煙ルームが設置されていましたが、とうとう抗しきれず(何に? 笑)に『煙草吸い』はついに外に放り出されてしまいました。ちなみに私自身は煙草は嗜みませんが、ワイシャツにネクタイの袖まくり、耳に鉛筆挟んでいるプロフェッショナル税務マンが、外でわびしく煙草を吸っている姿には思わず心が痛みます。(涙)

 仕事しながら吸っているわけでもないのですから、各階の喫煙ルームくらいは認めてあげても良いんではないか?その方がむしろ作業効率が効率がアップするんではないか?・・・と声なき声が聞こえてきます。(決して内部からではございません。)

 そもそも、禁煙にしたからと言って館内地下の煙草自動販売機の販売量が減ったわけてもなく、「喫煙署員の健康のために」という効果も特に出ていないじゃないかという話も聞こえてきます。(決して内部からではございません。)

 「だいたい、日夜、重箱の隅の数字のチェックに明け暮れているのに、煙草くらいゆっくり吸わせろ」もとい「吸わせてあげてもいいんじゃないか」そんなような「愚痴」もとい「思いやりの民の言葉」もたくさん聞こえます。(決して決して内部からではございません。)
 どうでしょう。当局の方。規制緩和をご一考なさっては?

 最後の最後のひとこと欄で『お上』へのおべんちゃらになってしまいましたが、これにて一件落着。

【後日談】
 ちなみに現在は館内地下自動販売機横に新たに『喫煙ルーム』が設置されたようです。めでたしめでたし。でもね。煙草吸うためににいちいち地下に降りるくらいなら当初のとおり各階に・・・。(決して内部からではございません。笑)

クリックすると拡大します
「高松市の真ん中にそびえる国税局庁舎」
「高松市の真ん中にそびえる国税局庁舎」
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
←2017年3月 2017年5月→



おすすめ
記事はありません
投稿
ニックネーム
メアド (表示されません)
タイトル
本文
写真は1枚、10Mまで投稿可能。管理者が認定すれば、下記に投稿されます。
記事はありません