思いついたらおうちの近くから。さあ出かけよう。四国の酒蔵88箇所巡礼の旅


大きい画面で見る










第二十九番酒蔵札所 「文佳人 アリサワ」
住所: 高知県香美市土佐山田町西本町1-4-1
TEL: 0887-52-3177
営業時間: 月曜〜土曜9時〜17時受付。日曜・祝日休。

[夜空にひときわ燦然と輝くあの星を目指して]

 土佐中央部の山と川に囲まれた土佐山田町の駅から、歩いて何歩も行かないうちにある酒蔵。この酒蔵『アリサワ』は、明治初期に造られ、「出来立てのフレッシュな酒」を標榜し冷凍保存まで行っている、「しぼりたて」が身上の酒蔵です。水は北方に聳える甫喜ヶ峰(ホキガミネ)の伏流水。

 改築中の事務所の扉をお邪魔にならないようにそっと開けると、ベビーベッドの上から出迎えてくれたのは、まだ0歳(当時)の6代目当主。実はこの蔵は4代目のおじいちゃんと、元々東京で音楽スタジオの仕事をやっていた5代目のお父さん、そして「はちきん(元気のいいじゃじゃ馬で気の強い土佐の女性の呼称)」の5代目女将のお母さんの、家族経営で営なまれています。

 まだ物心つかないときから、酒蔵の真ん中で祖父と父母の背中を見せて育てられ、「お前は酒蔵をやるのだぁ!」と英才教育を受けている6代目伊吾くん(土佐のいごっそうから命名)は、さながら酒蔵の申し子である。毎週土曜日に「オロナミンC」のCMと共に、「幼少の頃より父親から夜空にひときわ輝くあの星を指し示されて鍛えられる野球少年のテレビ漫画」をバイブルとして観て育った我々昭和30年代世代は、主人公と全く同じ立場の伊吾くんを見ていると、まだ0歳ではあるが、「ゆくゆくは清酒の歴史に燦然と輝く金字塔を打ち立ててくれぃ」と、思わず拳を握り締めて応援したくなるのであります。
 楽屋落ちで恐縮ではあるが、もう少し大きくなったら、東京の抜●天クリニックから「蔵人養成ギブス」をプレゼントするということである。なんじゃそりゃ。
 あれからもう10年、6代目はさぞかし大きくなっていることでしょう。

クリックすると拡大します
「土佐山田駅前の蔵」
土佐山田駅前の蔵

クリックすると拡大します
「蔵入口で睨みをきかす6代目(当時)」
蔵入口で睨みをきかす6代目(当時)

クリックすると拡大します
「4代目と5代目女将さん(当時)」
4代目と5代目女将さん(当時)
酒蔵さんから
記事はありません
近くの穴場情報
フラフ
2007.12.23

 土佐では、端午の節句に「鯉のぼり」の他に「フラフ」なるものを揚げるらしい。何ですか?それ。よく分からんが、何やら金太郎や桃太郎や武者等、節句に因んだ絵を描いた大漁旗のようなもので、どうも英語のフラッグがなまったもんだということ。・・・ちょっと待て!そこんとこだけでも、もう十分怪しいぞ(笑)。

 その「フラフ」なるものの産地が、ここ土佐山田町。高知の端午の節句というと、山間部で川を跨いで何匹も連なった「鯉のぼり」が有名であるが、ゴールデンウィーク頃にこの辺りを訪れると、華やかで賑やかな「フラグ」があちこちに見られるという。要するに、コワイ人が背中に書いている絵が旗になって鯉と一緒に棚引いているのを想像したらよいのかしらん。

 香南の「絵金」といい香美の「フラフ」といい、土佐のこの辺りは、ちょっと面白い絵画感覚がいっぱい。さすが!「アンパンマン」を生んだ土地柄。
クリックすると拡大します
「かなり大きい」
「かなり大きい」 クリックすると拡大します
「たとえばこんな柄」
「たとえばこんな柄」
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
←2017年10月 2017年12月→



フラフ 2007.12.23
おすすめ
記事はありません
投稿
ニックネーム
メアド (表示されません)
タイトル
本文
写真は1枚、10Mまで投稿可能。管理者が認定すれば、下記に投稿されます。
記事はありません