思いついたらおうちの近くから。さあ出かけよう。四国の酒蔵88箇所巡礼の旅


大きい画面で見る










第七番酒蔵札所「御殿桜 斉藤酒造場」
住所: 徳島県徳島市佐古7-7-1
TEL: 088-652-8340
営業時間: 月曜〜土曜の8時〜20時受付。日曜休。蔵見学は酒造期間中のみ可能。

[遊びは酒の栄養]

 佐古町は徳島駅から西へ車で数分。昔から、味噌、醤油、酒等の醸造の町として栄えていたようです。ここの水系は西の石鎚山から流れる吉野川ではなく、東の剣山を源とする鮎喰川の伏流水となります。今でも佐古町の真ん中には「蔵清水」と呼ばれる町の共同の取水場(いわゆる井戸)があり、たくさんの近所の方に昼夜を問わず利用されています。また、すぐ近くに徳島市の上水道のポンプ場跡があり、吉野川をモチーフとした水の町徳島の中にあって、この辺りは水系を異にした「飲用水の中心地」だったのかも知れません。
 
 「自分が面白いと思えるニュータイプの酒を造ることに挑戦します」と言う『斉藤酒造場』の3代目・斉藤社長は、バリバリの40歳。只今、花嫁募集中ですが、まだまだ落ち着きたくないのか、オフには同年代の酒蔵の後継ぎさんらと「遊んで」いるようです。昔の造り酒屋さんでは「芸者遊びは酒造りのこやし」と(奥さんへの言い訳でしょうが)言われていたようですが、現代っ子の彼らにしたら「遊び」とは昼間のカヌーや海釣りを指すそうです。そんなことでは日本の飲酒文化がなくなるぞ・・・と心配するものの、隣で目を光らせている先代の前で「もっと夜遊びしろ」とも言えんですので沈黙。いや、失礼、それはそれで十二分にしてるか?(笑)

ホームページ
http://gotensakura.co.jp/

クリックすると拡大します
「今も生活に使われている蔵清水」
今も生活に使われている蔵清水

クリックすると拡大します
「佐古配水場」
佐古配水場

クリックすると拡大します
「国道に面する蔵の正面玄関」
国道に面する蔵の正面玄関

クリックすると拡大します
「阿波の酒蔵の中でも屈指の男前と豪語する斉藤社長」
阿波の酒蔵の中でも屈指の男前と豪語する斉藤社長
酒蔵さんから
記事はありません
近くの穴場情報
徳島の焼きもち
2007.11.17

 『斉藤酒造場』の斉藤さんが教えてくれたのが、これ。説明するより「まぁ食べてんまい」とのアドバイスをもらう。眉山の麓にある寺町(名前の通りお寺と神社しかない地域)のある神社の境内に2軒が軒を並べている。このどちらのお店がおいしいのかは分からんが、とりあえずその時に開いていた奥の方のお店『和田の屋』に入る。さっそく12個入り(990円)を買い求めると、注文後の製造とのこと、お茶を頂きながら約15分、焼きあがりを待つ。出来立てを車に持ち帰って頂く。・・・が、これは確かに焼きあがりを食べんと意味ないよ。持ち帰りも10分以内の性格のお菓子。
 いわゆる直径6〜7pご幣型の餡入り餅を炭火で焼いただけの食べ物。「こんな小さいのが1個82.5円かよ〜」と電卓はじいて文句言いながら食べるが、なんと懐かしい味がすることか。子供のころに火鉢で焼いて食べた餅の味。う〜ん、こういうのがおいしくなると自分も歳をとった証拠だなぁ。
 お腹の足しにするものではなく、ホッとする食べ物です。願わくば、一人で12個はきついので半分くらいの量で売って欲しい。でも6個焼こうが12個焼こうが、原価のほとんどを占めるであろう手間代はかわらんだろうからこれでも良いのか?
クリックすると拡大します
「和田の屋」
「和田の屋」 クリックすると拡大します
「裏庭にこじんまりした滝がある。」
「裏庭にこじんまりした滝がある。」
2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
←2018年1月 2018年3月→



たぬき合戦の広場 2008.03.02

徳島の焼きもち 2007.11.17
おすすめ
記事はありません
投稿
ニックネーム
メアド (表示されません)
タイトル
本文
写真は1枚、10Mまで投稿可能。管理者が認定すれば、下記に投稿されます。
記事はありません