思いついたらおうちの近くから。さあ出かけよう。四国の酒蔵88箇所巡礼の旅


大きい画面で見る










第八十二番酒蔵札所 「国粋 岡田酒造」
住所: 香川県丸亀市綾歌町岡田下499-1
TEL: 0877-86-3012
営業時間: 土・日曜の13時〜17時受付。予約が望ましい。

[虎キチ]

 金毘羅さんからコトデン(琴平電気鉄道)の高松行きに乗って三つ目が岡田である。周囲は完全な田園地帯。琴平方面・満濃方面・丸亀方面と中讃の主要道路が交差する要所でもある。

 『岡田酒造』の創業は明治39年。高松〜琴平の国道沿いで製造直売をしている。蔵は、こじんまりとよくまとまっているきれいな蔵で、只今、酒造資料館として整備している最中である。

 オーナーの小林さんは、息子さんと親子で経営している。初めてお会いしてもそれと分かるほど実に仲の良い父子である。父子を結んでいる絆は「阪神タイガース」。四国に阪神ファンは多いが、「関西的に熱狂的」な人は少ない。その少ない人種のうちの二人が父子で家に居るのだから、さぞやお母さんは大変なことだろう。実際、ナイターシーズンには仕事にならないそうだ。そんなお母さんの心配をよそに、この父子「悲願の日本シリーズ優勝の暁には、三日三晩誰彼構わず振る舞い酒をするつもりである」と言う。さあ、とりあえずご近所の方はみんなで阪神を応援しておこう。

クリックすると拡大します
「国道に面している直売所」
国道に面している直売所

クリックすると拡大します
「こじんまりとよくまとまっている酒蔵」
こじんまりとよくまとまっている酒蔵

クリックすると拡大します
「小林さん(息子さん)」
小林さん(息子さん)
酒蔵さんから
記事はありません
近くの穴場情報
電気店(三菱電機)がつくる?田舎もち
2008.01.30

 『岡田酒造』の小林くん(息子)が言うには、岡田の名物は「田舎もち」だそうだ。蔵からすぐ近くの国道から見える餅屋だが、一日に作る量が決まっているので早朝から売り切れるのだという。現に私が訪れたのが午後3時だが、すでに閉まっていた(写真)。と言うより定休日だったのか? まぁ、次の機会に購入しようと思ったまま、まだ買えないでいます。すいません。

 それよりもこの看板をよく見てほしい。「田舎もち」の左側は、色褪せてはいるもののよく見たら「三菱電機」の電気屋じゃん。うん、元電気屋なのはよく分かった。でも、なんで看板残しているの?FC契約がまだ残っているのか。とりあえずこの「三菱」の看板のお陰で、ここが「藤井商店」っていうんだ・・・ということは分かりました。そのために残しているんだね、きっと。


クリックすると拡大します
「左側の看板に注目」
「左側の看板に注目」
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
←2017年6月 2017年8月→



おすすめ
記事はありません
投稿
ニックネーム
メアド (表示されません)
タイトル
本文
写真は1枚、10Mまで投稿可能。管理者が認定すれば、下記に投稿されます。
旨い❗
千葉から【国粋 にごり 原酒】です。
義兄から貰い受けし、本日元旦迄我慢して封を開けました。
口中に舌触り、腹に染み渡る何とも言えない味わい!我慢して良かった❗
▲先頭へ 谷本謙一さん投稿/2016年1月1日(金)08時16分