思いついたらおうちの近くから。さあ出かけよう。四国の酒蔵88箇所巡礼の旅


大きい画面で見る










第七十七番酒蔵札所 「梅錦山川」
住所: 愛媛県四国中央市金田町金川14
TEL: 0896-58-1211
営業時間: 月曜〜金曜9時〜17時受付。前日に要予約。土・日・祝日休。

[守成ということ]

 市町村合併で今は四国中央市と称するようになった旧川之江市の山あいのこの辺りは昔は「金田」と呼ばれる天領であった。天領ということは、よい米が穫れるということである。水はもちろん石鎚山系の伏流水である。『梅錦山川』は「菜種の油屋」であった庄屋の山川家が明治5年に酒蔵業に転身したものである。

 その山川家により150年にわたり隆盛を極め、愛媛を代表する巨大蔵となった梅錦も、時代の変遷の中、山川本家の後継ぎの血筋がついに絶えることとなり、灘の大手の白鶴酒造に経営を譲ることになった。今では森安営業統括部長と醸造部松井杜氏の二人が経営と製造の責任者として蔵を任されている。といってもお二人とも当地で生まれ当地で育って当蔵を守り育てた生粋の梅錦マン。「今までの梅錦の伝統を守ってくれ」との親会社の理解の元、より高品質の酒造りに精力を傾けている。

 松井杜氏は川之江出身。実家は地元の食堂で、生まれ育ちのその流れか大学の専攻は食品学科、食品の研究開発の前職から縁あって梅錦に入社。全国的に有名だった先代の山根杜氏から但馬杜氏の技術を25年に渡って叩き込まれてきた。いわば科学できる杜氏である。うま口かつ甘口の梅錦テイストをより磨いて飲み飽きないキレのある酒を目指すという。趣味はなんと休みの日のお菓子造り!「美味しいものを作ってお人に喜んで食べてもらうのがとても嬉しい」という食べ物愛に満ち溢れている。

 対する森安部長は隣の伊予三島出身。社歴では松井杜氏の少し先輩にあたる。営業部門としてお客様からのご意見を製造部門に伝えながら、蔵としてより高品質のものづくりができるように統括する仕事でもある。趣味は舟釣り。ちなみに四国の酒蔵の幹部の方々には川や海に釣りが趣味という人が驚くほど多い。なるほど魚とのやりとりは自然相手の酒造りや営業にもつうじるものがあるのだろう。

 この二人の下、四国の川之江の山中で梅錦はますます元気である。

クリックすると拡大します
「本社屋から見る川之江金田の風景。昔ながらの山間の町である。」
本社屋から見る川之江金田の風景。昔ながらの山間の町である。

クリックすると拡大します
「本社屋正面」
本社屋正面

クリックすると拡大します
「併設する本店玄関。」
併設する本店玄関。

クリックすると拡大します
「松井杜氏は但馬杜氏の流儀を組む流れである」
松井杜氏は但馬杜氏の流儀を組む流れである

クリックすると拡大します
「森安部長(右)と松井杜氏。お二人とも当地で生まれ育ったいわば先輩後輩。」
森安部長(右)と松井杜氏。お二人とも当地で生まれ育ったいわば先輩後輩。
酒蔵さんから
記事はありません
近くの穴場情報
人目を忍んで取引される銘菓 『霧の森の冷凍大福』
2008.02.05

 四国中央市で、今話題の名物と言えば、まずこの「霧の森の冷凍大福」が挙げられるらしい。高速道路高知道の新宮インターチェンジを降りたところにある温泉複合施設『霧の森』内の菓子工房で作られている。ちなみに『霧の森』とは、四国中央市で最も山深い新宮村にある標高1000m超のオートキャンプ場『霧の高原』と一体となったレジャー施設である。温泉やレストラン、カフェ等が充実しており、観光目的よりも、むしろ娯楽の少ない地元の憩いの場として繁盛している。

 冷凍状態で販売されているこの「大福」は、4段重ねになっており、核の部分の「生クリーム」を「こし餡」で覆い、更に「餅」の殻で固めて、最後に新宮村特産の「抹茶粉」をまぶしている、というもの。一個一個の手作業生産である。松山市内の店舗と高速道路高知道の『馬立パーキングエリア』及び通信販売で入手出来るが、如何せん生産量に限りがあり、どの店舗でも大概は売り切れ入荷待ちの状態だという。

 『霧の森』に行こうとも思ったが、この新宮インター、一旦降りたら『霧の森』以外には何もなく何処へも行けない秘境インター。時間も無いので高速道路の『馬立PA』で購入することにした。売り切れが多いということなので、出張帰りの朝の9時頃に立ち寄る。要注意点は、『馬立PA』は高知方面から川之江方面へ向かう「上り車線専用」のパーキングエリアであるということ。下り車線を幾ら走っても行き着けません。売店を入った右手窓際隅に、あたかも人目を忍ぶように、「霧の森大福販売中」とポップが張り付けてある。店内を見渡しても、それらしきものは何処にもない。レジのおばさんに「霧の森大福を買いにきたんですが。」と告げると、気のせいか小声で(笑)「あるで。ちょっと待っておって。」と、レジの奥でゴソゴソやっている。30秒ほどで戻って来て包みを渡され、「はい、1050円」。これは御禁制の品だったんかい。(笑)

 
クリックすると拡大します
「高知道高速道路上り車線の『馬立PA』」
「高知道高速道路上り車線の『馬立PA』」 クリックすると拡大します
「8個入りで1050円」
「8個入りで1050円」
2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
←2022年6月 2022年8月→



おすすめ
記事はありません
投稿
ニックネーム
メアド (表示されません)
タイトル
本文
写真は1枚、10Mまで投稿可能。管理者が認定すれば、下記に投稿されます。