思いついたらおうちの近くから。さあ出かけよう。四国の酒蔵88箇所巡礼の旅


大きい画面で見る










28thSite:Plum tree in team Yutaka The Takagi Brewery
住所: 高知県香南市赤岡町443
TEL: 0887-55-1800
営業時間: 平日8時〜17時受付。土・日曜は人がいる場合は可能。

[ Evolving sake making ]

Akaoka-cho under the sale as a town of “Picture-Gold (painter、 golden brewery” was originally a fisherman town. It is also famous for the Dorome festival. Dorome is a fry of Urumeiwashi. Dorome festival is held every spring. It is a drunkard rally with Dorome as a relish.

'The Takagi brewery' began and has been backing up this festival. By the way、 this festival is so sublime. Every contest the winner drinks up one-shou (for the man five-gou for the woman) at about 15 seconds. There is no special guest status if you are adult (There is a prior checkup). So apply for this contest after practicing. However、 don’t practice all alone in the place there is no hospital. You might die of an acute alcoholism.

Young president Takagi、 the age of 44、 is a sportsman whose image is quite different from the drunkard rally. "Plum tree in team Yutaka" led by young president is best tennis team in the region. However、 he fell down and was dislocated at the relay of athletic meet. Now he is undergoing rehabilitation aiming at the revival though his surroundings say that he is not able to come back because he is not young any longer.
President Takagi is endeavoring for the activation of ‘town culture’ of local like ‘Picture-Gold festival’. Moreover、 he is a passionate person who brews sake for a gastronomic culture in Tosa.
After he assumed the president、 making of sake was changed from drinking a large amount of sake quickly imaged by Dorome festival to drinking a small amount of sake deliberately.
The image of the sake is "Sea in the town of Akaoka". The style of the sake making always evolves with the generation change.

クリックすると拡大します
「真っ青な赤岡町の海」
真っ青な赤岡町の海

クリックすると拡大します
「蔵正面」
蔵正面

クリックすると拡大します
「スポーツマンの高木社長」
スポーツマンの高木社長

クリックすると拡大します
「どろめ祭り」
どろめ祭り

クリックすると拡大します
「壮絶! 「大酒のみ大会」  今年の記録は1.8リットルを僅か15秒」
壮絶! 「大酒のみ大会」  今年の記録は1.8リットルを僅か15秒
From Breweries
記事はありません
近くの穴場情報
スーパーとさをの「ちりめんおこげ」
2007.11.26

 事務所で高木社長と「赤岡だけの名物、何かないですか?」「う〜ん」とやりとりしていたときに、「それならこれがぴったり!」と奥様が推薦なさったのが、『高木酒造』のはす向かいにあるお店『スーパーとさを』の「ちりめんおこげ」。即座にツッカケ履きで呼びに走って下さった奥様が連れて来たのは、開発者兼料理人のご店主野村さん。いきなりの乱入でした。
 売り出し中の新定食(というよりも食べ方)・「ちりめんおこげ」はスーパーの片隅のカウンターで食べさせる。簡単にいうと、油でこんがり揚げたおにぎりに赤岡特産のちりめんじゃこ(どろめを釜揚げしたもの)を載せ、更にその釜揚げのゆで汁をかけ、これをお茶漬けのように食べるというもの。酒のつまみにもなるとのこと。色々なメディアにも取り上げられている(取り上げさせた?)ようで、赤岡の人たちの間ではご店主の「濃いキャラクター」とも相俟ってとっても有名。

 難点は店主が余裕がある時にしか作れない、「お客の都合は全く関係無い」幻の定食であるということ。私も高知取材の折に2回ほどトライさせて頂きましたが、「ごめん!今、忙しくて・・・」と、2回とも食べられませんでした(笑)。よってどんな味かは分からない。とりあえず高木社長が食べた時に撮った写真を送って頂いたので掲載しておきます。だれか『スーパーとさを』が暇な時に挑戦してきてくれ〜ぃ。
クリックすると拡大します
「カウンター・・・ってスーパーの中なんすけど」
「カウンター・・・ってスーパーの中なんすけど」 クリックすると拡大します
「スーパーとさお 赤岡の国道沿いにある」
「スーパーとさお 赤岡の国道沿いにある」 クリックすると拡大します
「これがその ちりめんおこげ」
「これがその ちりめんおこげ」
2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
←2018年1月 2018年3月→



おすすめ
記事はありません
投稿
ニックネーム
メアド (表示されません)
タイトル
本文
写真は1枚、10Mまで投稿可能。管理者が認定すれば、下記に投稿されます。
記事はありません